Pâté d'alouette - ビールスH5N1

Publié le par Emi Taya

Si la gentille alouette lâche un pâté sur notre verger...nos légumes et nos fruits crus, pourrons-nous encore les consommer?

Comment laverons-nous notre pare-brise quand , d'une fiente dédaigneuse, il sera sali par la mouette rieuse?

今日この頃朝のニュースは渡り鳥の運んで来るビールスで始まります。重大で深刻 な問題。誰も彼も心配話題の中心です。空をみると渡り鳥規則的な三角の集合で優雅に美しく。のどの赤い可愛らしいこまどりも南から。その愛嬌は冬の厳しさ忘れさせてくれます。と 思うのです。鳥によごされた野菜や果物生で食べられるのでしょうか?かもめの落とした物で汚れた私の車 手袋して洗わなければいけないのでしょうか?

皆さんどう思います?

Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :

Commenter cet article

kumi 18/10/2005 00:24

難しい問題ですね。現在問題となっているH5N1型は家畜の鶏へのダメージが問題となっています。もちろん、人から人への感染できるものへ変異すれば、爆発的な流行となるわけですが、アジアでは、昨年から流行していますから、現状は野鳥が飛んでくる野菜までは心配していないとおもいます。かもめは渡り鳥でないので、心配いらないのでは?ウイルスが眠っているのは、シベリアの永久凍土です。鴨が一番運びやすい鳥でしょう。スペイン風邪など、歴史的にはどのインフルエンザも同じ流れですので、神経質になるのもどうかとおもいます。心配でしたら、ウイルス、アルコールで死滅します。