私の名前は? Pomme de terre!

Publié le par Emi Taya

私の名前は ビンチ マノン モナリザ サンバ  シャルロット ラット シェリー ニコラ ポンパドール ローザ ロズバル スプンタ エスティマ ビオラ あるいはフォントネーの麗人。
赤紫のローブに包まれ白い肌の私。薄黄色のローブに白い肌 黄色のローブに黄金の肌 ほとんど白に近いローブに身を包まれ薄っすらピンク色の肌の私。
 フランスには30種類以上のジャガイモがあります。1570年代にアメリカ帰りのスペイン人によってもたらされ18世紀になるまでフランス人には好まれず家畜の餌の位置にとどまっていました。
アッシ パルマンティエ(Hâchis Parmentier)と言うフランスの有名な家庭料理御存知ですか?牛肉のミトロンソースの上に美味しいおじゃがのピューレーをかぶせオーブンでこんがりグラティネするものです。子供達はもちろん大人も大好き。木枯らしの外より戻ってきたとき湯気のたった幸せの香りのするお皿を見てああ家に帰ってきて良かったと思う瞬間です。その名のパルマンティエ氏がルイ16世のもとで改良 じゃがいもは手ひどく扱われていた暗い歴史から脱出しました。en robes des champs(ローブデシャン)とはなんてことのない塩をいれた水からゆでる事。畑から出てきた姿でお風呂に入るようなものですね?champs とは又chambre との言葉の遊び。それも又部屋着からお風呂に。水加減はかぶるくらいすれすれに止めてください。味が逃げてしまいます。ピューレーは子供達が大好き。(子供だけかな?)
その他あげても蒸してもオーブンで焼いてもグラタンにしても じゃがいもそのものが美味しかった何でも。夏の暑い盛り皮ごと蒸したじゃがいもにヨーグルトにニンニク エシャロット辛子 レモン オリーブ油少々垂らし エストラゴンやシブレット加えたおソース胡瓜のサラダを添えて。何も働かずに美味しい昼食です。
今日は薄切りのシャルロットお嬢さんをローズマリーとローリエを利かせてオーブンで焼いてみました。付け合せになすにトマトクーリー(coulis de tomates)をかぶせ バジリコ風味でまたまたそれもオーブンで。パルメザンとかモザレーラとか乗せても良いけれど今日はヤギの薄切りチーズ乗せてみました。より個性それに地方らしいです。もちろん何も乗せなくてもシンプルでよろしいです。
昔 昔のことです。沢山の人を呼んでそれは大きなじゃがいものグラタン付け合せに焼きました。オーブンからだす時手元が狂って。反射的に胸で受け止めお料理は救いました。私はもちろん大やけどですが人には言わず。後主人に頼み一人で応急手当しました。若いお嫁さんだった時の話です。でも私の手当ては良かったようです。余り苦しむ事もなく跡になる事もなく。そのころ時折焼けどすることあったのでいつも特別のビオガーゼ常時救急箱の中に沢山用意していましたので。最近やけどなどしていません。何故かしら?
 

Publié dans Plats végétariens

Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :

Commenter cet article