Merluchon (au désespoir) 絶望のメルルッション

Publié le par Emi Taya


Chon
と付くと小さくなります。メルリュ(Merlu) は大きなお魚 1mに達することもあります。 日本ではメルルーサ、ポルトガル語の名で知られ私は冷凍の切り身のものしか見たことありませんでした。
Merlu chon を付け加えたメルルッションは頭から尾まで20cm程の小さなもの。近海の島と島の間。または島と大陸との間の水の流れの速いところで獲れます・。一番美味しい食べ方は小麦粉の中を本当に軽く通して余り焦げすぎない温度でオリーブ油で料理するのが一番です。私はフランス的に沢山の油を使いたくないので私なりに軽くそれでもカリット焼あげる事研究しました。もちろんニンニク エシャロットパセリ等。 余り語るので嫌になってしまうでしょうがでも必要。こつは始めから入れない事。始めから入れると焦げてしまって台無しになります。こんがり色付いた時に塩胡椒と共に入れましょう。後はレモンとレ島産の全国的に有名なおじゃがを蒸して。。もっと小さいものはから揚げにすると最高ですね。。。。

大きな50cmくらいのMerlu はクールブイヨンの中でポッシェ。 色々の季節の自然に蒸しあげたお野菜とにんにくの効いたアイオリソースで食べるのが一番です。Au désespoir(絶望 )と言う方法御存知でしょうか?Merluchon Merlu その尾を頭の方まで持ってきてとても鋭いその歯の間に滑り込ませ口をとじらせ円形にして料理するものです。身崩れが少なくMerluのポッシェに必要な長い楕円形のPoissonierと言うお鍋のない時は便利です。
外国生活長くても 時には私も
Chonごとく 自分が小さく小さくまるで異なる他の惑系からやってきた E T (extra terrestre)との思いします。(おかしなことにETは私のイニシャル。
無力感に襲われるブルーの時間。輪にされた魚のごとくひとつの考えが頭の中をくるぐる。同じことが解決策ないまま又ぐるぐる。 繰り返し。絶望的になって閉じこもってヒステリー的に急に泣き出したり。家族は皆心得ています・静かにほっとしておくのが最上と嵐の去るまで近寄ってきません。翌日には晴れ上がるのですから。私 翌日は泣き疲れ。一日中ぐったり。罰。
どこの国に住んでいても自身の家族を築いていても同じこと。時として私が私のいるべき場所にいないという思い貴方にもありませんか?自分自身の問題ですよね。
このお魚は身が引き締まって肌むっちりしっとりしたお味です。魚体の中心にしっかりとした小骨のない簡単に外れる骨のみ。魚嫌いの人でも骨に当たらず安心でフランス人が切り身でなく好んで食べる魚のひとつに数えられています。
今は閉めてしまった村のお魚屋さん。
Nénuphar (睡蓮)。近くにそれは大きなスーパーマーケット カルフールがあるので皆購入者はそちらに流れます。とてもとても残念な事と思います。御主人のブルーの小型漁船 我が家とエックス島の間の海で時間の止まったように一晩中漂っている翌朝お店に出かけてみるとそれは活き活きした硬直状態のMerluchonが。即購入してしまいました。

 
Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :

Commenter cet article