Les raviolis chinois - 餃子

Publié le par Emi Taya

長女のなつきのプログで餃子が良く出てきます。水餃子 蒸し餃子 焼き餃子 に揚げ餃子。このようなこと耳にする貴方どうします?私昨日中国材料のお店訪ね色々買い物してきました。餃子皮は手に入らなかったけれどワンタン皮購入。韮があったし家には生姜もあるし後は簡単なもの。フランスは豚肉のひき肉が無いのでそれが手間といったら手間。 それと豚肉もロースト用大きな物でないと骨付きのコートレット。骨を除き(ブイヨンにワンタン作る時には美味しいスープが出来ます。)ブレンダーでひく事から始めます。雪 部屋から出てきて声が出ないと言います。なつきも3日前から風邪で 寝込まずともかなりひどく今日はどうやらとメイル届きました。妹に大陸縦断 移したのでしょうか。悪い母 にこっとしました。彼女お喋りですものね。キリッとした目をさらに吊り上げ 紙に (おかしくなんて無いんだから。)しばらくしてから。(しゃべれないのは辛い。)その後は私の考え違いとわかりました。ゼスチャーで表現し始めたのです。もう当てっこ。私が間違えるとノン ノンと当てるまで色々仕草繰り返します。もう漫才のようなもの。ああ お喋りしてくれた方が楽なものと思い雪料理習いたいのなら餃子の包み方教えてあげる。少しは静かになるかなと思いつつ。大間違い。喜んでエプロン掛けながら着たものの今度は又紙にデパルマス、今年のラロシェルの音楽祭のフィナーレを飾った彼女の大好きな人気歌手のCDかけてもいいかと。彼女ボーイフレンドに招待されてコンサートにいったのです。結構うまく包みながら音楽と共にマイク手の歌うまね。私のエプロンをひっぱりながらこの歌は私のお気に入りだから気をつけて台詞を聞き逃さない様にと。パントマイムの続くこと。突然彼女のポータブル電話の響き。すっ飛んで。戻ってくるので今度は何かなと思うとママ彼中国料理の話したらどうしても食べたいって。呼んでもいい?構わないけれど。でもどのように会話したのでしょうか?
2つも3つの異なる事も同時に行う事の出来る世代です。なつきもブログ書きながら父親やら私とMSNで会話するのですから。
ワンタン皮餃子の皮より薄くて同様ではないけれど端をきって円形煮。何となく出来上がりました。食べたい思いは大きな力です。新婚はじめケーキ型など無くどうしてかリングケーキ焼こうと思い大きさの違うビスケット缶探しだし美しいケーキ作りました。主人感激か驚きか。お料理の事になると君はすごく頭が働くんだね。と。(褒められたのかな?)
何度か頼まれて日本料理の料理教室開きました。その度に言うのは材料が無ければ手軽身近にあるものでお酢も米酢が無ければ林檎酢でみりんが泣けれはフランスの食前酒で代えられお味の物あるしかつおだしもブルターニュ産の昆布で美味しい出し取れるしフランス的に鶏だしの茶碗蒸しとても美味しいし。生の魚が嫌だったらしめた魚またはスモークサーモンでもアボカード乗せたお寿司でも良いし。要は自分自身の表現の出来る料理が貴方の日本料理と教えています。よそから来たお値段の高いものだけが美味しいわけではないのですから。正統法ではありませんね。でもフランスまな板の上で全部包丁で切る文化でもないし。(私も最近よくまな板なしで野菜きっています。)
何か無いからと諦める前にこうしたらと考えて見てください。私も母に色々生活の知恵伝えてくれました。着いた当時外米がぱさついて美味しくないというともち米があるのだから一寸加えそれに一寸お塩入れて炊いてみたら。外米が変化しました。今ではBIOの美味しいタイ米で満足しています。
 

Publié dans Le tour du monde

Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :

Commenter cet article