bouillabaisse aux grondins -簡単なほうぼうのブイヤーベース

Publié le par Emi Taya


Grondin とはほうぼうのこと。大きなひれの絵画的美しい魚です。姪夫婦の滞在の事もあり毎日三食の食事の支度続き一寸疲れ気味ですが毎日毎食異なる物作っています。
身はしっかり引き締まっている かながしらと言う位大きな頭で良いだしが出るほうぼうにムール貝を加えてブイヤーベース風にしつらえる事にしました。日本から来られる方 何が食べたい?と聞くとブイヤーベースと言う返答必ず返ってきます。この土地では COTRIADE (コトリアード)と言う名が付いています。要は何種類かの身崩れしない魚を海老貝加えサフランの香りで煮たスープ。土地によってじゃが芋等加えますが私はあっさり仕立てで入れません。人数が多いときは5種類ほどの魚使う事もありますがそれでなくても。先日友達訪れた時には3種類。行きつけのお魚屋さんに何がいいかしら?正直に尋ねました。一番賢明な方法。その日の魚で最上の物選択してくれるので。その日は黒鯛 ロット(アンコウ) と えいの尾でした。後はラングスチーヌ (赤い海のザリガニに似た海老) とムール貝。
玉葱 エシャロット 大蒜をオリーブで炒め皮を剥いたトマトのみじん切りを加え白ワイン ブイヨンを足してサフラン ブーケガル二を加え魚の頭の部分の身入れ汁がにごらないように静かにしばらく煮込みだしをとりその頭を取り出し魚を加え又静かに煮込み最後にラングスチーヌそしてムール貝を加えた簡単な料理です。色々な種類の魚介類から味が出てその美味しさでいただきます。まず魚介類をアイオリソース(大蒜をピロン、すり鉢、のような中でつぶし卵黄オリーブオイルを加えながらマヨネーズ状に仕上げ最後にレモン汁。あくまでも大蒜の味を生かした物)で味わい締め括りにそれは甘美なスープを熱々で頂きます。今日はほうぼうとムール貝だけ。そんなに贅沢してばかりだと家計は赤字になってしまいますから。でも美味しかったですよ。赤ちゃんのジラス君は鱈と人参のピューレーBioの瓶詰めの離乳食。時代代わり瓶詰めも美味しい物出てきました。赤ちゃんの世界もグルメ世界です。おかしなこと気が付いたのですが最後の3口目くらいになるといつも急に泣き出すのです。本能的にもう終わりと感じるのでしょう。それはまあ火がついたような泣き声。あやしてしばらく食べ物がお腹に届着き始める頃やっと笑い顔が。私たちも物足りないような時でも本当は十分に食べている事と同じような事ですね。


 
Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :

Commenter cet article

Mes livres pour tous 27/10/2013 16:25


Quelle merveille!

KANAMI 15/09/2005 17:10

見事なホウボウですね!ホウボウはお寿司でも美味しいですよね。釣り好きの父の影響で魚には慣れ親しんできたので抵抗はないのですが魚を上手く裁けないので切り身鮭とか手さばきできる鰯くらいしか買いません。活きのいい魚をちゃちゃっと裁いて調理できるなんて素晴らしいです!写真のお料理、とても美味しそうですね。磯の香が伝わってきます。