La mojette nouvelle est arrivée - 今年も新しいモジエットやってきましたよ。

Publié le par Emi Taya


*今年の新しいインゲンが出ましたよ。*
今日この頃ボージョレーヌーボーではないけれど野菜置いてある店では至る所 この表示見かけます。この地方の人はこの白いインゲンが大好き。土地ではモジェット (mojette) と言い収穫時以外は乾燥状態。それでも年間通して食しています。考えると日本人も豆食い人間。手元にある白いんげん甘く煮ずにこの土地シャラント風に煮込んでみたら?ちょつといつもの食卓に異国風味添えるのでは?
新しい物は下煮する事なし直接料理しますが乾燥インゲンの場合は (250gでの説明) 一晩重曹をほんの少し入れた水の中でふやかし丁子を玉葱にさしセージと月桂樹 ニンニク 胡椒とてことこと柔らかく茹でます。(塩は入れないで。硬くなってしまいます。)固めに煮えあがった頃フライパンにオリーブオイルとバター半々(この地方ではバターだけですが)の中に多目の玉葱(2から3)のみじん切りまたは薄切り           (貴方の好   み) 人参2本程の薄切り トマトの皮を除いたみじん切りと又多目の大蒜を炒め茹で煮汁が豆より下にならないように捨て野菜とブイヨンキューブを加え又ことことセージ新たに加えて煮込みます・。汁が足りない時は熱いお湯足してください。水加えると豆がはじけてしまいます。セージは豆の消化にとても大切な物忘れないで。それでもほどほどに。入れすぎると苦くなります。この地方より少し北 野菜の宝庫でもあるバンデ(Vendée)   地方の厚めの生ハムをさつとフライパンで焼いて添えるのがクラッシックです。

私はソース ヴァン ルージュをそれに付け加えました。エシャロットと大蒜のみじん切りをバターを焦げないように炒めワインブイヨン ブーケガルニ加え半分ほどまで煮つめ味見少々バター加えるのがフランス式ですがそれは又お好み。
有名なシェフのお料理 観察するとこのように伝統的な素朴な基本的な料理に一寸オリジナリティーを加え後は飾りつけで新しい名前のお料理として紹介していますよ。日本でも著名なジョエル ロブションの海の幸のフランなんて魚貝類のはいった茶碗蒸し。こちらではクリームの入らないフランは存在しなかったので軽いフランス料理を求めていている人々へのメッセージだったかしら。一寸今日の私辛辣ですね。
今日例外的に作り方書きました。というのは手軽に手にはいる物 経済的で目先変る物。 貴方の気が乗ったら 即試す事出来るのでは?と思って。豚肉の生姜焼き等添えてはいかが?料理教室で鱒のムース焼いて添えた事あります。魚のムニエルとも合うと言う事です。ムースについては又後の章で色々紹介します。

Publié dans Plats végétariens

Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :

Commenter cet article