merlan et tagliatelles de courgettes.鱈の茸ソース ズッキーニのタギリアテル

Publié le par Emi Taya

仏和辞典で調べると鱈の一種と言う魚フランスにたくさん在ります。一度書いた事ありますがMerluchon  も鱈の一種に入っています。白身の割と骨離れの良い魚。味は繊細。
個性的な味ではないのでフランスの食卓に良く出てきます。魚食べる人増えていますがそれでもキリスト教 禁肉日の金曜日のみという人いまだに。小骨にぶつかってしまうともう嫌と言う人大人でも。子供達の食べ物魚料理ベスト1 Bâtonnet de poisson 冷凍のパン粉仕立てのそれこそ鱈の一種の白身の長方形の積み木のようなもの。それを揚げればまだ美味しいかも知れないけれどフライパンで。子供達にお魚の名前挙げてと質問。多くの返答はバトネー(Bâtonnet)  なんて。
冗談ではなくほんとの話です。幸いダイエットに関心のある今日この頃。魚料理も食卓に。一匹のまま形のある味のある魚でない切り身にされた骨の心配のないもの買う方多いですが。
鱈の種類身が分かれてしまう物とブイヨンに入れても崩れない物とあります。このメルランはあまり身崩れしません。ソース仕立てにして好み知らない方招待した時に使うことよくあります。小さい15cm  から20cm ほどの一匹のままの物小麦粉通して簡単にムニエルにすると美味しいです。よく義父がカーチャ(義母の事    )は魚と言うと高級な舌平目買って来るけれど僕は安いメルランの簡単ムニエル大好きなのにとよく言っていました。
ところで切り身今日魚屋さんのお勧め品。
マッシュルーム 大きなズッキーニ残っていたのできのこソースを作りムニエルした切り身に乗せズッキーニは薄くタギリアテルのように切って蒸し同時にタギリアテル麺も茹で料理できあがり。薄いブイヨンにオリーブ油 バターニンニク少々効かせ二種類のタギリアテルぱさつかないように。厚いうちに即召し上がって下さい・。
きのこソース。ニンニク エシャロットのみじん切りきのこと共にオリーブ油とバター半々で炒め白ワイン(お酒でも)とフォン ド ボーのブイヨンが在ったら素敵(軽いお魚のソースに合うのです。)ですがなかったら普通の物加えお湯加え半分まで煮詰め最後に少々生クリーム。塩胡椒 ブーケガルニ忘れずに。ベルムット 少々甘い食前酒白ワインと変えてもほんのり甘さで合うのでみりんとお酒半々にしても日本の家庭にあるもの よいかもしれませんね。母はみりん使わずいつでもお酒で料理していました。その影響でみりん私も使用したことなく余り大きなこと言えませんが。
今日はクリーム無しの仕立てにしました。それも又美味しいです。

Commenter cet article

Rod 30/09/2005 05:38

Il faut avoir la police japonaise installee sur l'ordinateur (Dans panneau de configuration>Options linguistiques>Deuxieme onglet cocher la case d'installation des langues asiatiques)

Elvira 30/09/2005 01:04

Il y a un problème avec les caractères. On ne voit que des points d'interrogation. C'est normal?