Overblog Suivre ce blog
Administration Créer mon blog
3 ème avent - 恵美

3 ème avent - 恵美

Il y a quelques semaines, j'avais promis à Zorra du (Kochtopf) de particper à son très joli calendrier culinaire pour les jours de l'avent. Aujourd'hui, c'est mon tour. Je vous invite à cliquer sur le l'image ci-dessous. Les premiers textes sont en allemand...

Lire la suite

Maku no uchi bento - 恵美

Maku no uchi bento - 恵美

Barquettes et éventails Les sont des lamelles de comcombres découpées et assemblées grâce à des bâtonnets ou à des brins de ciboulette ébouillantés. Elles portent des noix de Saint-Jacques. Celles-ci sont d'une telle fraîcheur qu'il serait dommage d'en...

Lire la suite

ブーダンの美味しい料理

ブーダンの美味しい料理

ブーダン 御存知?詳しく書くと来仏した姪のように嫌。と言うかもしれないので省略。御研究下さい。でもフランスの庶民化したお惣菜料理です。見かけは余り良くないのであまり見栄えのしない娘さんの事 悪口でブーダンなどと。傷つきやすい年頃の乙女時。私も通過したし。何気なく言葉を発する前に一寸考慮したら良いのではと何年も長い月日経ってお説教めいた言葉発しています。 10年ほど前家族にママは疲れているからと3週間ほどの休暇の誕生日プレゼントされました。一年中台所で戦っていた私。家庭滞在。その間お料理するのは諦めました。一人車で出かけかなりのお城巡り森の散策。ことに秋深まった季節十分堪能しました。ロワール地方はラブレーの小説の舞台。ブーダンの名産地です。シノン城に近い街で10下旬のブーダンと林檎の祭り。とても記憶に。林檎ととても相性が良いのです。今日は又オーガニックの店お勧めの脂身のはいっていない香ばしいものでした。付け合せは?セロリとじゃが芋半々のピュレー。林檎皮のままアルミホイルで焼き皮を取り除きフォークでつぶし。(ボスコープと言う酸味の強いもの)後はクロシャーと言う身の引きしまった林檎バターで焼き砂糖でカラメルかさせシナモンを。塩(塩の華)胡椒。ピューレーの上に載せて。...

Lire la suite

Grand Jeu de Noël

Grand Jeu de Noël

Où vous rencontrerez Le Père Noël Un renne Une oie blanche De grandes clairières gelées Des sentiers couverts de neige Un pont et un torrent glacé Deux trésors Des ogres Un ours Un chasseur masqué Des auberges où l'on déguste des spécialités suisses Pour...

Lire la suite

Le 3 ème Roi mage - 3

Le 3 ème Roi mage - 3

"今日の特別な日に幕の内弁当を持って来ました。どうぞ召し上がってください。" dit le roi en esquissant un sourire énigmatique... "Ah, zut, j'ai complétement oublié de switcher en VF!" ajouta-t-il après avoir branché son google translator. Puis avec amabilité : "Je vous apporte quelques-unes...

Lire la suite

えいのロバートソース

えいのロバートソース

皆さん 眠れる森の美女の話御存知でしょう。フランスのペローの物語です。ディズニーの映画は半分まで。彼の本ではめでたしめでたしではなくその後があるのです・眠れる美女見つけた後お城は目覚め100年前の如く。王子様は両親には隠して通い2年間の新婚生活。2人の子供。Aurore と Jourどうしてと言うのは彼の母親は鬼の家系。その後2年経ち父親が亡くなり公式の結婚式。彼の城に戻って。 ある日今では王様になった王子様 隣の王国との戦争に長い夏の間中経たねば。彼がたった後義理のお母さん。フレッシュな物食べたい欲望のために家族を田舎の別荘に移し料理人夫妻に預け。何日も経たないうちにどうしても長女4歳になったばかりのオロールを食べたいと調理人に・。おろおろ悲しんだ彼思いついて子羊を用意。満足した彼女何日か後には2歳のジュールをと。子山羊でごまかし。その後にはもちろんお母さん。二十歳如くに美しい彼女でも100年も寝た年月加算...

Lire la suite

<< < 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 30 > >>