Overblog Suivre ce blog
Administration Créer mon blog

46 articles avec histoires du bord de mer

Anniversaire - 誕生日

Anniversaire - 誕生日

Ce que je craignais est arrivé. Fort des remarques élogieuses sur ses oeuvres à l'occasion du grand concours thon & poivrons, mon honorable mari souhaite que désormais, je lui donne plus de publicité et que de temps à autre, je publie ses créations sur...

Lire la suite

Pâté d'alouette - ビールスH5N1

Si la gentille alouette lâche un pâté sur notre verger...nos légumes et nos fruits crus, pourrons-nous encore les consommer? Comment laverons-nous notre pare-brise quand , d'une fiente dédaigneuse, il sera sali par la mouette rieuse? 今日この頃朝のニュースは渡り鳥の運んで来るビールスで始まります。重大で深刻...

Lire la suite

En français dans le texte

En français dans le texte

Depuis quelques jours, je reçois des courriels et des commentaires de quelques lectrices et lecteurs qui ne lisent pas le japonais et qui se demandent ce qui se cache derrière les petits signes bizarres qui constituent notre écriture. J'aimerais les rassurer...

Lire la suite

Qu'est-ce qu'on mange? -今日は何食べるの?

Qu'est-ce qu'on mange? -今日は何食べるの?

ママー今日は何食べるの?お腹ぺこぺこ何時に食べるの?それは食べる側の質問。作る側の自問自答はもう既にかなり前から。何作ろう。余りお腹すいていないのに毎日毎日の繰り返し 嫌になってしまう。どうして毎日毎回食べるの?主婦の方 私の気持ち判るでしょう?またまた私の悪い癖で家族に色々アンケート。何が主食のもの食べたい?長女おじゃが。じゃが芋好きなのです。義母ドイツ人 次女のお産の前後私が弱っていた事あり1月ほど預け不思議な事3歳半だったのに義母の作った料理の嗜好 深いところで残っています。そのころ南スペインに近いペルピニヨンに家を構えた主人の両親。毎朝牧場で絞りたてのミルク探し煮たてた後毎日1l。義母自慢でした。村の住民に私の孫娘毎日1lの牛乳飲むのだから。丸々太って帰って来ました。いまだに牛乳は大好き。次女はご飯かパスタ。と返事。彼女余りじゃが芋好きではありません。牛乳も嫌いな方。ヨーグルトなら。長女少々妥協。ご飯今日は食べたくなんいけれどコキエット(小さいマカロニのようなもの)ならパスタでもいいわ。主人融通利くので何でもいいよ。と自分の好み抑え。でもコキエットならいらない。僕の事気にしないで料理して。3人揃うと文殊の知恵ではなく3人3様の自己主張。昔の私だったらご飯とじゃが芋パスタ少しずつ用意皆に呆れ果てられたけれどこの頃では。この状態のときに私自身の食べたい物急に頭に。後は簡単。食べたい料理に突撃。じゃが芋でもご飯でもパスタでもなくソーメンに天麩羅とかクレープとか焼そばとかそれは皆の指摘しない物ばかり。ご飯よ。の呼び声に皆集合。出てきた物一見。家族呆れ果て...

Lire la suite

Pourquoi un blog? -プログ製作の動機

Pourquoi un blog? -プログ製作の動機

振り返ってみて家族の為のみの食事作りを越え他の人々に楽しんでもらう食事作りが始まりました。 料理教えた事もあるし 語学校内カフェテリアを一人で毎日80人分の昼作り マネジャー 仕入れ 共に夢中だった時期もあったし。他の勉強をしたのに結局一番の縁。娘達に他の人にばかりと責められながら。レシピは皆貴方達のために書いて残してあげるからと言い切ったもの何もせず現在に至った始末。一つにはフランス語で書こうと思ったから。私 娘達の日本語教育には大失敗。書けば長くなるので又後にします。 長い間フランス語の中で生活するとフランス人のようにとは努力しないので駄目だけれど思考する際フランス語で考えそのイメージで理解。...

Lire la suite

Tsogto, mon ami mongol -私のモンゴル人のお友達

Tsogto, mon ami mongol -私のモンゴル人のお友達

5日ほど前から大学時代の友達。同じ学部でもなく短い時間しか共に過ごしたことないのですがお互い何か惹かれた友情関係の彼女遊びに来てくれました。彼女今では立派な六大学の教授。30年ほど音沙汰なくひょっとのことから通信取れこの土地まで。二人で一日中飽きることなくお喋りしています。田舎生活 自転車での散歩。今日は海老釣りにいつたのですが収穫なし。泥地の海で長靴がはまり込む事の繰り返しで可笑しいやら苦笑やら?子供の如く。 10年程前になるでしょうか。主人の仕事の関係でモンゴル人の給費生のお世話しました。Tsogtoo(...

Lire la suite

O Sole mio 幸せな浮浪者

O Sole mio 幸せな浮浪者

ラロシェルの有名な二つの塔に守られた旧港の延長に 干満の激しい港にいつでも水確保の約束するBassin à flot が続いています。面しているのはバランという波止場通り。その後ろの平行線100m程の短い通りが私たちのラロシェルに着いて3番目のアパルトマンのあったサンニコラ通りです。昔は海で働く男達が港に着きご想像できるような界隈。でも御存知ですか?マルセイユにしてもどこのフランスの町でもこの様に余り環境のよくなかった地区は色々センスのある人たちの手によって流行最先端の地区と変わりつつあります。サンニコラ街も例外なく。アンチークのお店とエキゾッチクな若い人の欲しいような...

Lire la suite

La guerre des mandarins 小鳥の戦争

La guerre des mandarins 小鳥の戦争

何年か前 母の日の日曜日の朝ベランダを開けに行くと庭に見慣れない小鳥がいるではないですか。ジッと見つめると恐れ気なくピヨンピヨン家の中に入ってきます。抑えたら逃げもしない?ほっぺたに赤に近いオレンジの日の丸印。愛嬌の有る顔。近所から逃げてきたのかな?とガレージを掻き回し何となく籠になるようなものを見つけて預かる事にしました。いくつか拾い物との張り紙 村のお店に出したのですが誰からも問い合わせ無いので何日か後に母の日のプレゼントと思い本格的に飼うよう籠等購入しました。マンダリンと言うオーストラリア産の鳥ということ調べ...

Lire la suite

8月15日 終戦記念日 合掌.

長い事日本を離れてもいつも同じ思いです。私の家族の中でもその被害に遭遇悲しく消えてしまった人々もいます。 フランスはカトリックの祭日です。お百性さんたちが日本でのお米のような大切な麦収穫を終えホット。あらゆる村で実りのお祭り 人々が集まりダンスを中心の夏の夜が展開します。農業人口の高かったフランスの国での一年を通し唯一心から楽しめるお祭りだったそうです。本日14日アングランの村でも ダンス始まりそうです。北の風に乗って流行後れのセンチメンタルな音楽流れてきました。明日も続くでしょう。

Lire la suite

<< < 1 2 3 4 5 > >>