Top articles

  • Keuftés et boulgour d'Arménie - 恵美

    03 février 2006 ( #Viandes )

    Lla lumière entrait à flots dans ma chambre lorsque je me suis réveillée. De ma fenêtre, on aperçevait une grande partie d'Erevan et la masse imposante du Mont Ararat. Pour rattraper le temps perdu à dormir aussi longtemps, je suis descendue en ville....

  • Histoires de sandwichs - 夏のサンドイッチ屋さんごっこ

    24 septembre 2005 ( #Hors d'oeuvres )

    時代代わりフランスでも昔のようにお昼に時間掛けずサンドイッチのテイクアウトできるお店だんだん増えているのが現在です。カフェテリアで働いていた時もちろんサンドイッチ作ったけれど娘たちが中高生の頃夏彼女達のおこずかい稼ぎのために語学学校内でサンドイッチ屋さん開きました。大きいサンドイッチではなく半分の大きさの一寸おなかすいて食べたいなーと言う物。私が作り娘達が販売。 サンドイッチの美味しさ。まず美味しいパン。美味しいパンに美味しいバターを塗り美味しいハムやら生ハムとグルイエールチーズで食べるのがパン屋さんの言うごとく一番美味しい正統的な食べ方。野菜を入れるとパンがぐしょぐしょになってしまうから。でも人々の要望にはむかう事は出来ません。バリエーションなくては。販売しているうちに大体好みも了解。色々な物作って見ました。スイスの若い人達ベジタリアン多いです。...

  • Saumon mariné aux agrumes - サーモンのマリネ グレープフルーツ添え

    27 septembre 2005 ( #Hors d'oeuvres )

    サーモン手に入り安い魚です。養殖の物増えて怖いですがたまに新鮮な物手に入った時に作ります。 ラロシェルより西 内陸に60km程。 緑のベニスと呼ばれる沼地 沢山の水の回廊 水は苔で緑色。両岸の木々に被され覆われその中 ゴンドラ如く船での散策。夏の午後など水を求める人々で一杯。中の島でピクニック。その土地にホテルレストラン持つシェフにこの基本的なサーモンの〆かた教わりそれは私のそれは重宝しているレシピです。元はと言えばそれはノルウェイ風の〆かたです。それはそれは簡単な物。丁寧に中骨をピンセットで取り除いた皮付きのサーモンの片身を深めのお皿に置きその上に荒塩とその半分の量の砂糖粒胡椒またはコーリアンダー(私よくディル加えます)包丁で軽くつぶしその混ぜた物をサーモンの上に多いかぶせ冷蔵庫に寝かせます。大事な事...

  • Fleur de daurade -鯛の花

    01 octobre 2005 ( #Hors d'oeuvres )

    Texte en français ci-dessous 今日この頃私の好きな魚 値段も破産する事ないものたくさん 市場に。 迷ってしまいます。やはり日本人の血。魚は味のするものが好き。今日は黒鯛求めました。鯛についてフランスでは鼻の尖ったロワイヤル鯛が一番との評判です。でもロワイヤル鯛は養殖の物多く黒鯛は今でも自然に漁できる 味のあるものです。行きつけの魚屋さんで開いてもらいました。もちろん頭も骨も持って帰りました。切り味昆布の間で5時間馴染ませた後薄切りきゅうりと若布のサラダ中心に花仕立てのオードブル。キーウイを使ったソース。フランス風に。...

  • Eclipse feuilletée - 日食のきのこパイ

    03 octobre 2005 ( #Hors d'oeuvres )

    Texte français ci-dessous Trompette-des-morts と言うきのこご存知ですか?その名前のごとくまるで死を呼ぶような黒くトランペットのような形しています。辞典見たら 黒らっぱたけ、黒うすたけと書いてあります。日本にもあるのでしょうか?昔パリに住んでいた時きのこに通じた友人とよくフォンテンブローとかコンピエーニュの森に秋になるときのこ狩りに行きました。私このきのこだけは絶対の確信で見つけました。目も早く私が一番。一寸ばかり鼻高く。後確実に判るのはlactaire(ラクテール)くらい。きのこ狩りは怖い物。一つ毒キノコが入ると全部感染。一つ一つ袋を変えての収穫。きのこ狩りからの帰宅。きのこ通の友達...

  • Les carottes sont cuites - 人参のタルト

    06 octobre 2005 ( #Hors d'oeuvres )

    Texte français ci-dessous 我が家の次女煮たにんじん余り好きではありません。何でも食べる子なのに。人参は火を通して油と出会った時点でカロチンに変化吸収されるビタミンA。と言っても私はCarottes rapées (人参の千切ではなく荒いおろし金で下ろした物)のサラダがいい。19 歳にもなった彼女に別に赤ちゃんのように食べさせるわけではないけれど私も意固地に。人参のタルト作る事に決めました。デサートではありません。一度お隣さんに呼ばれた時に出され作り方聞いたのですが曖昧。彼女の得意料理で余り教えたくなかったのでは?でも生クリームだけは入れてはいないと言っていました。研究しました。1kgの人参(健康によいですね)輪切りにして柔らかくなるまで蒸します。ミキサーでピューレーに。生クリーム20dlプラス牛乳それは貴方の加減で。...

  • Kaki & Co - -柿のしずく

    02 novembre 2005 ( #Hors d'oeuvres )

    Il y a quelques mois, j'avais entendu une recette sans y prêter vraiment attention. Je me souvenais qu'il y avait des moules, de l'avocat et chose plus rare en France, du kaki. Mais malgré tous mes efforts, impossible de retrouver la recette précise :...

  • Le plein de capsaïcine - 恵美

    03 janvier 2006 ( #Hors d'oeuvres )

    Cela n'a rien de ces riches soupes hivernales qui mijotent longuement sur le feu. C'est léger, facile et rapide à préparer. Un peu d'acidité pour égayer l'estomac, de la capsaïcine pour remonter le moral. La capsaïcine est une drogue légale, en vente...

  • Shumai de champignons - 恵美

    04 janvier 2006 ( #Hors d'oeuvres )

    私の日本語版のプログも是非ごらんになってくださいませ。 La base de ces petites bouchées cuites à la vapeur est une tête de champignon de Paris. On les remplit avec une farce qui peut être à base de crevette ou de porc. SHUMAI FARCI A LA CREVETTE Pour 20 petits champignons 300g de...

  • Coupe d'agrumes - 恵美

    12 janvier 2006 ( #Hors d'oeuvres )

    Plus on s'enfonce dans cette coupe, plus les saveurs et les textures s'accentuent ... En haut, la délicatesse. Une chantilly aérienne, l'aneth, les oeufs de saumon, quelques fibres de pomelos. Au milieu, une sauce complexe où se mèlent un léger goût de...

  • Le beurek d'Emi - 恵美

    24 janvier 2006 ( #Hors d'oeuvres )

    Ma version du beurek A épinard 800goignon 1 , ail 1gousse hachez menubeurresel, poivre, cuminHacher les épinards après les avoir cuits rapidement dans un grande quantité d'eau puis les passer dans l'eau froide tout de suite). Sauter tous les ingrédients...

  • Pliez vos samosa ! - 恵美

    08 février 2006 ( #Hors d'oeuvres )

    Fleur de sel n'a pas l'air de vouloir publier aujourd'hui. Ca tombe bien. Il y a quelques personnes comme Gastronomades pour réclamer mon retour sur le blog afin qu'on y lise des choses plus utiles et moins futiles. Fleur de sel a tendance à ne voir que...

  • Discussion internationale sur le "subuta" 酢豚についての国際論争

    26 août 2005 ( #Le tour du monde )

    長女のなつきソルボンヌ大学の国際独仏法科卒業後 進路変え北のリル大学院ではないのですがマスターコースに進み国際商業のアジア科で学びました。その締めくくりで6月から中国ハルビンに語学研修で11月初旬まで滞在中です。彼女のようなクラスの仲間が7人。後2人は同じ土地でスーパーマーケット カルフールで働く研修を選んだ仲間2人。同じく北京で2人。ラオスに一人。そしてタイ国にも一人。皆プログで情報交換しています。寄宿舎生活レストランでしか食べる事出来なく でも驚くように食べ物に関しては信じられないくらい値段が安いので色々食べ歩いているようです。ある日小さな...

  • Les raviolis chinois - 餃子

    27 août 2005 ( #Le tour du monde )

    長女のなつきのプログで餃子が良く出てきます。水餃子 蒸し餃子 焼き餃子 に揚げ餃子。このようなこと耳にする貴方どうします?私昨日中国材料のお店訪ね色々買い物してきました。餃子皮は手に入らなかったけれどワンタン皮購入。韮があったし家には生姜もあるし後は簡単なもの。フランスは豚肉のひき肉が無いのでそれが手間といったら手間。 それと豚肉もロースト用大きな物でないと骨付きのコートレット。骨を除き(ブイヨンにワンタン作る時には美味しいスープが出来ます。)ブレンダーでひく事から始めます。雪 部屋から出てきて声が出ないと言います。なつきも...

  • Catherine et les pâtés impériaux - カトリーヌと春巻

    09 septembre 2005 ( #Le tour du monde )

    友達の珠理さんの去った朝 近くのバンデ地方にバカンスに来ていた主人方の姪のカトリーヌより電話あり其の夜より若いカップルと 11 ヶ月のジラスちゃんと訪れています。赤ちゃん見ながら私もこのようなだったなーと忘れてしまったこと思い出しています。今日は中国にいるなつきの誕生日。私も雪もプレゼント用意したけれど中国に送ることについてはかなり不信感あるので帰国の 11月待つ事にしました。 カトリーヌとても東洋料理が好きなので娘の事考えながら春巻。買い物に出たくないので冷蔵庫に残っていた豚肉のひれと人参 ズッキーニ...

  • Le couscous -私と雪の日曜日のクスクス。

    11 septembre 2005 ( #Le tour du monde )

    クスクス なんて何か笑う様。そのとおり家族に今日はクスクスよ。と宣言すると笑顔でオーケーの合図。 アラブ料理です。でも中華料理が日本の日々の献立に浸透しているようにフランスでも愛されている献立。小麦のスムール(小粒な粟のようなもの)を独特な 辛いと言うのではなくそれは芳しい香料を使ったスープの中で 基本的には大きめに切った人参 玉葱 蕪 ズッキーニそれにひよこ豆を柔らかく煮て共に食べる食事です。普通は出しも取れるのでお肉を炒めて野菜と一緒に煮込むのですがまたまた私の悪い癖。煮込んだお肉は余り好きではないのです。アラブ料理は油きつく外で食べるクスクス野菜のお汁の中に油が浮かんでいると食べられなくなってしまう私。そこで私は野菜だしのスープに...

  • Tacos, tortillas -タコス トルティヤス 私のメキシコ料理

    14 septembre 2005 ( #Le tour du monde )

    世界共通の事と思いますが若い人達イタリア料理好むようにメキシコ料理も好むのでは。視野変ります。我が家では毎日の食生活の気分を変えたい時歓迎の声に励まされてメキシコ料理作ります。チリコンカーンご存知?。牛挽き肉をトマトソース カイエンヌ ( 唐辛子 ) 加え赤インゲンと共に煮込んだ物。付け合せにサラダ菜の千切り トウモロコシ トマトのコンキャッセと玉葱のみじん切り 後は 粉チーズ 等々。とうもろこし皮の形のよって異なるタコス トルティヤスの中に好み (ア ラ カルト)で 包んで食べる楽しい食事です。...

  • Tajine - タジンてなあに?

    26 septembre 2005 ( #Le tour du monde )

    金曜のお昼。(次女ラロシェルの大学の二年生。殆ど毎日お昼に帰ってきます。今年は主人も家で物書き職業。私が一年中お料理に悩まされている事お分かり?)電話の音。きっとママのジェラールよと。娘。いつもの如くからかいます。Bioのお肉扱ってているお店から毎金曜に今週のプロモーションの電話。他のお肉も注文できますがプロモーションは2割引。我が家 魚 野菜中心の献立だけれど品質 味と確かな物で毎回注文してしまいます。数多いプロモーションは豚肉。 私は余り豚肉好きではなくローストポークなどかさかさにしてしまうのですがこの豚肉は脂身殆どないのにしっとり焼け豚肉の価値見直しています。ところでこの日はSauté...

  • Ciné ma passion - 映画とグルメ

    13 octobre 2005 ( #Le tour du monde )

    。 TEXTE FRANCAIS CI-DESSOUS 今日この頃スタイル変えての文章自己不満です。インターネット発達した時代基本の料理法は情報沢山。私は私なりの一寸のこつと付け加えるのがと思うのですがフランス の読者にとってそれはアウトサイダーのようです。私は日本の方に珍しい物そのポエジーを伝えたいと始めたのに。今では殆どがフランス人の読者と変り日本からの援助期待しています、 今日は作りことには疲れたので料理と感性のあふれる私の好きな映画について語って見たいと思うのです。 映画のタイトル日本語とは違うと思うので現題とします。...

  • かぼちゃ

    15 novembre 2005 ( #Le tour du monde )

    前回ドイツのプログ仲間のナスについての料理コンクールに参加しました。コンクールなんて。何もなくただ皆さん同じテーマで参加する事。楽しいので今回はかぼちゃについて。私も参加してみます。 私なりのメニュー please klick on the picture below... オードブル メリメロサラダ) かぼちゃの千切さっと湯がき後は大根胡瓜の千切水に離した物 若布 海老を加えサラダ交響曲。貴方のセンスで。 私の得意なソース。 マスタード、大蒜、 醤油、林檎酢、菜種油、オリーブオイル、塩胡椒が欠かせないものです。...

  • Concours potiron - かぼちゃ

    15 novembre 2005 ( #Le tour du monde )

    Dans la culino-blogosphère germanophone, « Kochtopf » joue un peu le même rôle que « Blog-Appétit » en France : c'est une sorte de grosse marmite où mitonnent des fêlés de cuisine. De temps à autre, on y organise un concours. Ce 15 novembre, jusqu'à minuit...

  • Envie de Brésil - 恵美 鱈の黒豆ブラジル風添え

    09 décembre 2005 ( #Le tour du monde )

    Un achat entraîne l'autre. Il y avait ces tout petits haricots noirs dans un magasin bio. Tout de suite, je les ai imaginés avec du piment antillais et relevés d'épices parfumées : feuilles de citrus, cannelle, clou de girofle, cumin... Un gousse d'ail...

  • Le choléra en Suisse ! - 恵美

    17 janvier 2006 ( #Le tour du monde )

    Ce matin, j'ai reçu un mail dont le sujet était plutôt inquiétant : Choléra en Suisse. J'ai hésité à l'ouvrir. Depuis les lettres à l'anthrax, on ne sait plus ce que les gens sont capables d'inventer et il y a tellement de virus qui traînent. Pour tout...

  • Involtini de vitello - 恵美

    18 janvier 2006 ( #Le tour du monde )

    Betsy Büchsli nous a appelé hier soir. Fleur de sel est bien passée chez elle, le temps de photographier ce fameux choléra qui sortait du four, de le goûter et de parler un peu. Puis elle est repartie. Betsy connaît sa prochaine destination mais elle...

  • Je ne suis pas une tamagochi girl - 恵美

    19 janvier 2006 ( #Le tour du monde )

    Ce message de Fleur de sel nous éclaire mieux sur les raisons de sa fugue. Ces derniers temps, Emi s'étonnait de l'appétit grandissant de Fleur de sel. Tous les jours, il fallait l'alimenter avec des nouveautés. Quand on lui proposait un plat bon mais...

<< < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > >>