Top articles

  • Le roi de la Pizza ミルコ ピザの王様

    05 août 2005 ( #Plats végétariens )

    トマトの好きな私は夏の温室育ちではない土地ものの訪れを待ち焦がれています。薄切りした後お塩をぱらぱら後はオリーブオイル少々に胡椒をひいて。季節のバジリック刻んでもよろしいし。トマトの酸味があるのでお酢など加えないで下さい。まず半分に切った時の断面 流れる汁の状態で何となくその後の味想像します。今年はズッキーニ ドジョウインゲン等のお味が良くなっているにも係わらずおいしいトマトに出逢っていません。水けが多いのです。私は有機野菜中心に探していますがそれでも同じこと。ちょっとばかり怒ります。フランスは全土...

  • Ail, oignon, échalotte にんにく 玉葱 エシャロット

    06 août 2005 ( #Plats végétariens )

    奥さんとこ 随分にんにく使うね。人参も。エッチっていうんだよ。 母は電話注文で近所の八百屋さんに日ごと配達してもらっていました。 竹垣のおじさん。 我が家のにんにく生姜等の消費が激しいと言うのです。週にひとつふたつのにんにくの塊なのに 。現在私の使っている消費量見たら竹垣のおじさん引っくり返ってしまうでしょう。 母は私の祖母 祖父 父 私たち3人の子供達にそれぞれ3世代違う料理を作っていました。私達子供には当時にしてはかなり洋風に当時ではあまり使用さえていなかった香料を使い 独特にハンバークをドミグラソースで煮込んだり私達の大好きだったナツメッグをきかせた蟹のクリームコロッケなど...

  • 私の名前は? Pomme de terre!

    10 août 2005 ( #Plats végétariens )

    私の名前は ビンチ マノン モナリザ サンバ シャルロット ラット シェリー ニコラ ポンパドール ローザ ロズバル スプンタ エスティマ ビオラ あるいはフォントネーの麗人。 赤紫のローブに包まれ白い肌の私。薄黄色のローブに白い肌 黄色のローブに黄金の肌 ほとんど白に近いローブに身を包まれ薄っすらピンク色の肌の私。 フランスには30種類以上のジャガイモがあります。1570年代にアメリカ帰りのスペイン人によってもたらされ18世紀になるまでフランス人には好まれず家畜の餌の位置にとどまっていました。...

  • Mme Piccolo  山羊 羊 プードル犬 

    16 août 2005 ( #Plats végétariens )

    ピコロおばさん 露天市場のそれは端の風通りがビュービューの道端に小さな小さなスタンドを設けていました。その日によって卵とか小さな形の悪い林檎とかタンポポのサラダとか余り知られないきのこに特別見ごたえもない庭の花をまとめたブーケのみ。イタリアは北の出身・。 御主人にひどく扱われてフランスに逃げてきて3人の子供たちともうまくいかなく一人暮らしとか。 リューマチの手が震え懐かしそうに話が続き余り購入するものもないのですが離れる時には籠の中にいつも卵やら林檎やら入っていました。 ある日プードルの小さな子犬を籠の中に毛布に包み寒い中震え私が通るといらない?と訊ねます。私が動物は飼ったことがないからと丁寧に断るとそれはそれは長いどのように育てればよいのかの説明。小さな動物を前にして小さい子供の反応御存知でしょう。子供達はママ...

  • Fromage de chèvre (suite) - 山羊のチーズ続編

    17 août 2005 ( #Plats végétariens )

    我が家訪れてくださる方にはPlateau de fromages(チーズのサービス) の時間には山羊チーズ お出し致します。ロワール河西地方と共にフランスで有名な産地。数え切れない他の美味しいチーズはフランスに山ほど。でもその土地で食べるのが一番・。山羊のチーズ。同じチーズでも作る村の名前が異なると名前同じではありません。シャビ(chabi ) がシャビシュ(chabichou) になったり形によってビュシュ(bûche薪)ピラミッド(pyramide) とか又は白いもの又はカビの生えた黒いものもの(cendré)...

  • Mon chou - 私のキャベツちゃん

    31 août 2005 ( #Plats végétariens )

    日本人はキャベツ好きですよね。どの家庭の冷蔵庫の中覗きキャベツの無い家庭余り無いのでないですか?フランスで男性からも女性からも相手に優しい気持ちの表現で Mon chou ( モンシュウ)私のキャベツちゃんと言います。キャベツの中に赤ちゃんも見つかる事だし。他の愛称は何故か皆動物の名前利用してです。例えば Mon agneau ( モン アニヨー ) 私の子羊ちゃんとか Ma biche ( マ ビッツシュ)私の雌鹿ちゃんとか Ma poulette ( マ プーレット)プーレットとは若い雌鶏のこと。ことに若い子に対して。(...

  • Ratatouille -ラタトウイユは煮込み料理ではありません。

    10 septembre 2005 ( #Plats végétariens )

    好きな物は上手に作れる物。私は野菜大好きなので心入れて料理します。といって他の料理に手を抜く事もないのですが。 一番はやはり自然そのままのものを 加工せず味合う事。生でもただ蒸しても。味加減も自然。 一つの野菜を他の物と混ぜないで料理するのは美味。でもそれを又シンプルな加工で他の野菜とのマリアージュ ( 結婚 )もいいですね。お互い違う個性が伴侶にないものをもたらし素晴らしい作品生み出す事あります。我が家は茄子が大好き。夏の間電子オーブンの中で丸ごと火を通した茄子を半分に切りフォークで身をつつき其の中にトマトソースをいれオーブンで焼き山羊のチーズで仕上げた簡単でもとても効果的な一品よく作りました。美味しいトマトソースは暇があると多めに作り置きします。我が家では夏の料理のベースです。なすとトマトは相性のよいカップル。重ねてグラタンにするととても素敵です。じゃが芋とズッキーニ仲良いの知っていますか?グラタンにするとお芋だけより軽くなるし二種類一緒に蒸かして最後に玉葱のみじん切りとバター主の味付けも美味しいです。下手に相性のよくないものを加えてごてごてにしないこと肝心です。可笑しいけれど何となく夫婦関係のようなものですね?...

  • La mojette nouvelle est arrivée - 今年も新しいモジエットやってきましたよ。

    15 septembre 2005 ( #Plats végétariens )

    *今年の新しいインゲンが出ましたよ。* 今日この頃ボージョレーヌーボーではないけれど野菜置いてある店では至る所 この表示見かけます。この地方の人はこの白いインゲンが大好き。土地ではモジェット (mojette) と言い収穫時以外は乾燥状態。それでも年間通して食しています。考えると日本人も豆食い人間。手元にある白いんげん甘く煮ずにこの土地シャラント風に煮込んでみたら?ちょつといつもの食卓に異国風味添えるのでは? 新しい物は下煮する事なし直接料理しますが乾燥インゲンの場合は (250gでの説明) 一晩重曹をほんの少し入れた水の中でふやかし丁子を玉葱にさしセージと月桂樹...

  • Terrine de tofu -豆腐のテリーヌ

    09 octobre 2005 ( #Plats végétariens )

    TEXTE EN FRANCAIS CI-DESSOUS 日本人には生活の基礎の豆腐。この何年かでフランスで興味もたれる物。大豆はコレステロールを下げると言うか良いコレステロールを生み出す物。更年期の女性の最適の者とフランスでの広告あちらこちらです。 フランスの菜食主義の方迎える時作ります。簡単。季節にある野菜の物で代えてみてください・。いつも分量気にせず滅茶苦茶料理 反省測って見ました。今日は全部2で統一してみました・。 木綿豆腐200g 人参 200g ズッキーニ200g エシャロット1 ニンニクⅰ(例外)...

  • Un farci poitevin - ポワトーのファルシ -

    10 octobre 2005 ( #Plats végétariens )

    ポワトーとはポワチエを中心にこの地方です。詳しく書くと長い話になるので 触れないで。確かに沼地域 緑のベニスと呼ばれる景観もあるしこの青々したテリーヌはその由来でしょう。 本来のものかなリベーコンではなくラルドン(三枚肉)が入ります。それが嫌いで私なりに軽い物作ってみました。昨日から冷蔵庫の掃除です。冷蔵庫はきれいに何も入っていないと言うのが理想ですがなかなか。お腹のこと考えずに購入。気をつけねば。自転車での買い物は良いですね。沢山は持ち運び出来ないから。 ところで ほうれん草300g ブレットの青い葉300g...

  • 24 heures avec une aubergine - 茄子

    14 octobre 2005 ( #Plats végétariens )

    Quelle journée! Hier en surfant sur des sites inconnus, j'ai vu qu'il y avait un concours de recettes d'aubergines organisé par un blog allemand http://kochtopf.twoday.net/stories/993959/ Alors, hier, tout en écrivant mon article sur mes chères Babette,...

  • Géométrie et cuisine - 茄子6の味

    15 octobre 2005 ( #Plats végétariens )

    Photo complète http://www.flickr.com/photos/34352551@N00/52674659/ En cuisine, il faut parfois avoir un coup d'oeil de géomètre. Sinon, on risque de gaspiller une bonne partie des matériaux qu'on a prévu d'utiliser. Dans le plat que j'ai préparé hier,...

  • Comment j'ai sauvé mon mari ou la recette du pâtisson - タイ風パティソンのファルシー

    22 octobre 2005 ( #Plats végétariens )

    Mon mari se plaint parfois de mon esprit confus. Je crois qu'il ne comprend pas les subtilités de la pensée orientale. J'espère que vous, lecteurs de ce blog, vous me suivrez sans problème. Remarquez, moi aussi, je me demande aussi comment des souvenirs...

  • じゃが芋のファルシーPommes de terre farcies

    11 novembre 2005 ( #Plats végétariens )

    今日はとても簡単で我が家の物皆好きなじゃが芋のファルシー。 4人前 じゃが芋 とても大きい物選んでください。そして身の引き締まったくずれないもの。 グルイエールチーズ 200g(私は個性の強いコンテとトムは粘りが強く良く解けるので半々にしました。) 玉葱1 にんにく一片 生クリーム 塩 胡椒 ナツメッグ 卵黄1 パセリ じゃが芋はアルミホイルでつつんでオーブンで柔らかくなるまで。焼きあがった物半分に切り中身を取り出しフォークでつぶします。みじん切りの玉葱水にさらした物 大蒜のみじん切り加えおろしたチーズも.塩胡椒はチーズの塩見を考慮しながら加減してください。ナツメッグとパセリのみじん切りを加えてもとのように詰めなおします。表面を刷毛で黄身を塗り後はオーブンで。...

  • じゃが芋のコロッケ

    22 novembre 2005 ( #Plats végétariens )

    Menu Korroke de pomme de terre Moules,brocolis et cristophines à la sauce de noix de coco Pilaf au cardamonne Salade verte 日本語文御無沙汰しています。寒冷前線始まり。暖かい時期には庭に出してある観葉植物 サボテン かなりあります。数えてみたら70ほど。それも又とても大きくなってしまったドラセナ ゴムの木 それにアロエなどは広いベランダにも入りきれず海辺潮風の当らない日当りの良いところに移動しました。かなりの仕事量でした。...

  • Chou chinois - 恵美

    09 janvier 2006 ( #Plats végétariens )

    ½ chou chinois coupé dans le sens de la longueur, sans le défaire. Préparer un bouillon léger 6 tasses d'eau, 1 bouillon cube, un peu de gingembre émincé Cuisson du chou Bien laver le ½ chou Dans le bouillon léger ci-dessus, cuire doucement jusqu'à ce...

  • Moussaka bulgare - 恵美

    30 janvier 2006 ( #Plats végétariens )

    Pas de nouvelles de Fleur de sel ce matin. La circulation doit être difficile avec toute la neige tombée ces derniers jours...Comme elle a tendance à négliger la cuisine depuis qu'elle s'intéresse à la politique, je vous propose ce matin une recette bulgare...

  • Sarmentine 私の今気にいっているパン

    23 juillet 2005 ( #Histoires du bord de mer )

    の朝 ほとんど毎日のように私の住む村のパン屋さんに今凝っているSarmentine(サルマンチーヌ)を探しに行きました。7時になるとお店が開き幸せなにおいが漂っています。私が早起きと言うわけでなく皆さん顔を知り合った人達が散歩がてら集合です。フランスでは街はもちろんどんなに小さな村でも必ずパン屋さんはあります。社交場 情報の交換場ですね。朝焼き釜から出たばかりのまだパチパチと音楽を奏でている温かいパンを食べる幸せはフランスだと思いませんか?塩の華が少々加えられている特産の生バターを塗ってコーヒーやカフェオレでの始まりはそれだけでも一日の活動力になります。もちろん自家製のスモモやらイチジクやらのジャムと今旬の当地産のメロンとまた当地産の生ハムを添えて。季節のあふれる果物と朝のテーブルはソロからコンツルエント...

  • Les 3 soeurs マルセル 3人姉妹

    24 juillet 2005 ( #Histoires du bord de mer )

    私は大西洋岸ヨットハーバーで知られた港町 ラロシェル La Rochelleより10kmほど南の昔の漁村 今でも村のカテゴリーのアングランAngoulins に住んでいます。1990年に住み着くまではパリ ラロシェルの街の中で車は必要ない生活でした。その延長 当時は車を購入せずよくテクテク歩きました。日本の免許書を書き換えせず無効にしました。最終的にはフランスの免許を取り直したのですが。 ラロシェルの街から戻ったバス停から我が家にいたる道は3姉妹の家で始まります。マルセル、オデット、シモーヌ 皆2歳違い...

  • Un grand pêcheur ジレ爺さん ダニエル

    25 juillet 2005 ( #Histoires du bord de mer )

    ピノキオの物語。 ピノキオを悪の道に誘い込む悪賢いキツネ御存知でしょうか?グラン コカンと言います。 マルセル3姉妹を離れて20歩ぐらいすると突然大きな人物が私達親子を杖を付きながらめざしてやってきました。はっとするくらいの大きな顔 顔の作りも目も鼻も口も それに伴って手も足も みんなみんな大きい 。とてもとてもうそのように大きな靴。190cm程もあると思われる大きな上背を傾けてドスの効いた低音でお べっかを使うように 御機嫌よう と言うのです。口が裂けてそれはまた大きく黄色がかった歯が現れ 山高帽の下からはみ出した耳は大きく尖がっています.次女は私の後ろに隠れ私の上着を引っ張りながらママ...

  • Fleur de sel 塩の華

    08 août 2005 ( #Histoires du bord de mer )

    昔私のすんでいる村も含めてこの地方は塩の産地でした。海辺には塩水の沼地が至るところ。昔塩田として使われていました。 現在どこのスーパーにでも置いてあるお塩は昔はとてもとてもの貴重品。フランスの国内で塩の生産があるのは海辺のみ。それも太陽が十分にある地方に限られたものでフランス国内でも内陸では手に入らず。(日本にも上杉謙信と武田信玄の有名な話がありますよね。) ラロシェルの繁栄は12世紀にさかのぼり太陽の恵みの産物の塩とワインをその恵みのないイギリス北欧に 港町の地理的背景を活用輸出 商業貿易港として始まりました。塩に関する直接税は当時最も高く重要なもの。現在塩の鉱山よりの大量の生産又はポルトガル等人件費の低い国からの輸入におされそれよりみなお金の入ってくる牡蠣の養殖に切り替えましたがレ島ではいまだに昔なりの天然の塩を生産し続けています。...

  • Un deux trois 一 ニ 三

    12 août 2005 ( #Histoires du bord de mer )

    忙しく ことに人をお呼びした時の食事の支度をしている時次女の雪が詰問調に現れます。言うこと。ママは他人にばかりお料理教えていて私達(姉妹)なんて何にも料理なんて出来ないのだから。 だんだん語気が強まり涙ながらになる事。時間に迫られかなりいらいらし始めているのですが一呼吸。声を高めること我慢。ママも手が足らないの と一寸考えるためまず答えます。手伝いで終わるはずのない娘の性格心得ているので 時間を置いて ママの代わりにデサート作ってくれる?と全責任委ねるように頼みます。(責任委ねる事はとても大切、お互いの信頼。)...

  • Châtelaillon - バカンス シャトーレイヨン、海水浴場、 朝市。

    13 août 2005 ( #Histoires du bord de mer )

    春の訪れ 気候がよくなり皆 庭仕事にと家から飛び出す頃 フランス人の機嫌は彷彿。会話はもうすぐバカンス のことばかり。と昔だったら私もこの用に文章書き始めていたでしょう。 先ごろでは一月も長くバカンスにたつ人々少なくなりました。多くのフランス人はそれより週末利用の短い旅とか一週間単位での旅とか 公共の教育関係の人しか長い休暇はないし経済状況も異なり以前とは変わってきました。 家から自転車で10分程の南の隣町はフランスの海辺の町のごとく1900年台より休息地として発展。元はここと同じように泥地の海岸だったのですがたいそうな砂を運んで大きな海水浴場となりました。...

  • La guerre des mandarins 小鳥の戦争

    15 août 2005 ( #Histoires du bord de mer )

    何年か前 母の日の日曜日の朝ベランダを開けに行くと庭に見慣れない小鳥がいるではないですか。ジッと見つめると恐れ気なくピヨンピヨン家の中に入ってきます。抑えたら逃げもしない?ほっぺたに赤に近いオレンジの日の丸印。愛嬌の有る顔。近所から逃げてきたのかな?とガレージを掻き回し何となく籠になるようなものを見つけて預かる事にしました。いくつか拾い物との張り紙 村のお店に出したのですが誰からも問い合わせ無いので何日か後に母の日のプレゼントと思い本格的に飼うよう籠等購入しました。マンダリンと言うオーストラリア産の鳥ということ調べ...

  • O Sole mio 幸せな浮浪者

    18 août 2005 ( #Histoires du bord de mer )

    ラロシェルの有名な二つの塔に守られた旧港の延長に 干満の激しい港にいつでも水確保の約束するBassin à flot が続いています。面しているのはバランという波止場通り。その後ろの平行線100m程の短い通りが私たちのラロシェルに着いて3番目のアパルトマンのあったサンニコラ通りです。昔は海で働く男達が港に着きご想像できるような界隈。でも御存知ですか?マルセイユにしてもどこのフランスの町でもこの様に余り環境のよくなかった地区は色々センスのある人たちの手によって流行最先端の地区と変わりつつあります。サンニコラ街も例外なく。アンチークのお店とエキゾッチクな若い人の欲しいような...

<< < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > >>