Overblog Suivre ce blog
Administration Créer mon blog
Fruits de mer  海の果物?

Fruits de mer  海の果物?

フランスの第一歩はパリを素通りグルノーブルから始まりました。冬のオリンピックでも知られていますが山に囲まれた盆地です。1月ほど後に海に憧れ大西洋岸に旅立ちました。現在住むラロシェルよりはずっと北のブレターニュですが。 どこのレストランにも fruits de mer 直訳すると海の果物.何だろうかと初めは判りませんでした。 fruit とはフランス語で果物。その他に何かを仕上げた時の成果;又はは生み出したものと色々言葉の後に控えているニュアンスは幅広いものです。結論として海の果物とは海の生んでくれた素晴らしいものことなのでしょう。生牡蠣海老...

Lire la suite

Madame Sardine 鰯売りのおばさん

Madame Sardine 鰯売りのおばさん

今朝早くマルシェに出かけピンピンの鰯を買って来ました。フランスは市場は朝しか開いていないので食通の働いている奥様は仕事前に買い物をされる方あります。8時からでも買い物出来ます。 1987年にパリを離れ3年間ラロシェルの街の中で4回引越ししながら暮らしました。午後は何も無い静かな市場の前に鰯を売るおばさんが4時頃から小さなスタンドを設けパラソルの下でにこやかに待っています。幼稚園の長女を迎えにいきながら次女をバギーで散歩。 目と目が合ってとても食べたい衝動に駆られます。本当はもう今夜の献立が決まっていたのですが。いいや。我が家では私が本日の献立と皆に宣言。家族皆フランス料理と思ってそのイメージを描き準備をしていたところ日本料理だったり中華だったりアラブ料理あるいはタイ...

Lire la suite

Au marché  朝の小さい一回り

Au marché 朝の小さい一回り

私は割と?早起きな方です。季節による鳥のさえずりでほとんど正確な時間がわかるようになりました。起きなくてはならないときはしぶしぶ何分もベットにしがみ付き何も起きなくても良いときには飛び出します。6時から6時半起床です。早起きといったら笑われるかも知れませんね?コーヒーを用意し まずベランダを開き海を眺めに庭に降ります。庭の前は大西洋。いつ見てもいつ見ても海は別の顔です。 朝食をその片作けを終え私がいそいそ身支度をしていると朝のお散歩?と主人の言葉。猫が朝近所を一回りするごとくに。・機嫌の良いときはやさしいからかい調でその反対のときは皮肉な響きで。構いません。朝外に出て行かないと息が詰まってしまいます。朝早くあいているのはマルシェ...

Lire la suite

Les huîtres  ナターシャの牡蠣

Les huîtres ナターシャの牡蠣

アングランの村の中心に1003年に建てられたロマン式の 当時のフランスの教会のごとく防衛のスタイル 素朴な教会があります。 広場の周りにはパン屋さん お肉屋さん お惣菜やさん 小さなスーパー カフェ兼タバコ屋さん 新聞雑誌のお店 ピザ屋さん クレープやさん 後は自動車講習の事務所 美容院 幼稚園 小学校 市庁(村でも市庁と言います) 郵便局。 フランスの普通の小さい村に必要なお店は全部そろっています。そう 郵便局の前に最近有機栽培の野菜お肉との注文販売に変わりつつのお店があります。(私の村での行きつけのお店です。)御夫妻2人とも私と同じ年齢。日曜の午後しか休まずです。私と同じ時期に移って着ました。パリで大きな商業をしていて破産2つあった家も無くしゼロ...

Lire la suite

Un grand pêcheur  ジレ爺さん ダニエル

Un grand pêcheur ジレ爺さん ダニエル

ピノキオの物語。 ピノキオを悪の道に誘い込む悪賢いキツネ御存知でしょうか?グラン コカンと言います。 マルセル3姉妹を離れて20歩ぐらいすると突然大きな人物が私達親子を杖を付きながらめざしてやってきました。はっとするくらいの大きな顔 顔の作りも目も鼻も口も それに伴って手も足も みんなみんな大きい 。とてもとてもうそのように大きな靴。190cm程もあると思われる大きな上背を傾けてドスの効いた低音でお べっかを使うように 御機嫌よう と言うのです。口が裂けてそれはまた大きく黄色がかった歯が現れ 山高帽の下からはみ出した耳は大きく尖がっています.次女は私の後ろに隠れ私の上着を引っ張りながらママ...

Lire la suite

Les 3 soeurs マルセル 3人姉妹

Les 3 soeurs マルセル 3人姉妹

私は大西洋岸ヨットハーバーで知られた港町 ラロシェル La Rochelleより10kmほど南の昔の漁村 今でも村のカテゴリーのアングランAngoulins に住んでいます。1990年に住み着くまではパリ ラロシェルの街の中で車は必要ない生活でした。その延長 当時は車を購入せずよくテクテク歩きました。日本の免許書を書き換えせず無効にしました。最終的にはフランスの免許を取り直したのですが。 ラロシェルの街から戻ったバス停から我が家にいたる道は3姉妹の家で始まります。マルセル、オデット、シモーヌ 皆2歳違い...

Lire la suite

Sarmentine  私の今気にいっているパン

Sarmentine 私の今気にいっているパン

の朝 ほとんど毎日のように私の住む村のパン屋さんに今凝っているSarmentine(サルマンチーヌ)を探しに行きました。7時になるとお店が開き幸せなにおいが漂っています。私が早起きと言うわけでなく皆さん顔を知り合った人達が散歩がてら集合です。フランスでは街はもちろんどんなに小さな村でも必ずパン屋さんはあります。社交場 情報の交換場ですね。朝焼き釜から出たばかりのまだパチパチと音楽を奏でている温かいパンを食べる幸せはフランスだと思いませんか?塩の華が少々加えられている特産の生バターを塗ってコーヒーやカフェオレでの始まりはそれだけでも一日の活動力になります。もちろん自家製のスモモやらイチジクやらのジャムと今旬の当地産のメロンとまた当地産の生ハムを添えて。季節のあふれる果物と朝のテーブルはソロからコンツルエント...

Lire la suite